「こんにちわー………なんだ、アンタだけなの?」

「そうだけど。つーか久々だなお前がココに来るの」

「そうだっけか?まぁ確かに最近来てなかったね」

「んで?何の用だ?」

「んー………まぁ小母さんいないけどいいかな。実はね、私今度お見合いするんだよねー」

「………へー」

「あれ?案外驚かないんだ」

「まぁ………お見合いって今のご時勢あんま聞かないけどないわけじゃないし。それにもうお前だって成人してるんだし。普通じゃねーの?」

「そうなのかな………」

「少なくとも俺と違ってお前は働いてるわけだし。結婚の話があってもおかしくはねーな」

「………アンタはどう思う?」

「は?」

「私みたいな幼馴染………まぁ正確には従妹だけど。結婚するっていうのは?」

「さっきもいったろ。普通だって。近年独身でいたいっていう人が多いけど、結婚してる人はいるわけだし」

「私の予想だともっと大騒ぎすると思ってたのに」

「するかよ」

「協会に飛び込んできて私をさらうとか?」

「しねーよ。映画の見すぎだ」

「そう………そうだよね………」

「………結婚するの嫌なのか?」

「嫌………じゃないけど………」

「ならいいだろ。どうせ見合いの段階じゃ結婚するかどうかなんて決めないだろうし」

「もし決まったら?」

「そんときゃ親族席で拍手してやんよ」

「……………あのさ」

「ん?」

「アンタ私のこと好きだったでしょ?」

「ぶっ!!!お、お前なにを唐突に」

「一緒にあんなことやこんなことしたじゃない」

「そ、それは………小学生だったし………」

「中学になってからもしたじゃん」

「………」

「私が風邪をひいたアンタを見に来たときとか」

「よく覚えてらっしゃる」

「アンタは忘れてても私は覚えてるのよ。なんてたって好きな人とだったんだから」

「………えっ?」

「わかんないかなー?私はアンタのこと好きだったよ?」

「そう、だったのか」

「今更だけどね」

「今更過ぎるだろ………」

「ホントはアンタに止めてもらいたかったんだよね。行くな!!俺のところに来い!!って」

「………」

「でも、もういいかな。吹っ切れちゃったし」

「………」

「最後に私の気持ち伝えたし。それでも止めてくれないってことは………つまりそういうことでしょ」

「………」

「………バカ」









































そういって駆け出した背中を僕は追いかけることは出来なかった

止めればよかったって?

あんな場面になってそう簡単に「俺のところに来い!!」とか言えるわけないだろ

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

実は

鹿児島に戻ってきてから

comment iconコメント

comment avater

ブレイズ

いとこは結婚してもおkなんでしたっけ(法律的な意味で)。

2013年08月14日 08:46

comment avater

ヤマシ

いとこは4等親(誤爆注意)ですから、結婚してもおkです(補足)

2013年08月15日 13:21

comment avater

せと

ば、ばばばばばばくはつしししろ←一番こうゆー話題に敏感
嘘てーのは従妹じゃなくて従弟ってことなんですよねねねね?

2013年08月17日 15:19

comment avater

MM司令官

全部嘘だと言ってくれ(血涙
モテない俺には刺激が強すぎた…o≡rz

2013年08月18日 18:03

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)