上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

東日本を襲ったあの大地震から1年が経過しました

もう1年なのか、まだ1年なのか、それともやっと1年なのか

感じ方とかは様々だと思います

被災地の復興はまだまだ万全とは言えません

とくにガレキの問題

なぜ多くの自治体が受け入れを拒否するのかが理解できないです

困ったら助け合うのいが日本人じゃないんですか?

絆って言葉は嘘だったんですか?

放射能だって危険じゃないレベルのものなわけでしょ?

なら反対する意味がわかりません

あと、この日をイベント化してデモ行進とかする輩

あれも見ていてなんだかなーって思う

原発反対とか今更すぎでしょ

チェルノブイリの事故があったときから反対しておけばよかったじゃない

そもそも100%の安全なんてこの世にあるわけないじゃん

そんなのあったらこんな事故起きないっての

それにしても

天皇陛下にはただただ頭が下がるばかりです

手術後の体調回復もよくないにも関わらず式典へのご参加

震災後毎週被災地をご訪問されていたそうです

体調が悪いなら休んでもいいのに

誰も文句言うわけでもないのに

ほんと全国民の模範ともいえるお方なのではないでしょうか?

今後は御自愛していただきたいですね

僕らはこのとこを風化させてはいけません

次の世代その次の世代にもつないでいかないといけないと思います





>>てとさん
ご心配をお掛けしてもうしわけありません!
体調に気をつけていきたいと思います!









それではまた~
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

褐色ロリ飛天幼女の虎口開発

ようこそ………かごし間へ

comment iconコメント

comment avater

MM司令官

No title

あれから1年。あっという間に月日は流れるものですなぁ。
がれき問題は放射線が強すぎるものは駄目ですが、それ以外はどんどん受け入れるべきだと思います。
がれきの撤去は進んでいるのに、処理が全くされていないとは…遺憾ですね。
いま日本は苦境に立たされているのに、国民全員がそれに気づいていないのではと思ってしまいます。
十六夜様のような考えの人が一人でも増えることが大事だと思います。

2012年03月12日 09:22

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。